2011年06月09日

ほわッ とが難しい理由。





こんにちはッ KOHMAですッ

今回は、る〜し〜(sanaeちゃんのワンコ)のお話ですッ

る〜し〜は、ガブの娘で、

女の子なのに、顔は、ガブにソックリですッ♪

『ぬきぬき大会』の日は、他のワンコのぬきぬきの

お手伝いや、リオン♪、モフモフとおさんぽ〜なんかして、

はッと気づくと、ほとんど自分のぬきぬきを

していないsanaeちゃん。

る〜し〜も、最近は喧嘩番長のところもありますが、

基本、まったり〜が好きな性格です。








こんな感じに、台には乗るのですが・・・

いつも横座り〜








っていうか・・・・

リラックスしすぎ〜〜〜


ところが、今回は、

参加メンバーが少なかった為、

いつもみたいに、さぼ・・・あ、訂正ッ

忙しくて抜けないとも言えず・・・

ぬきぬきし始めたsanaeちゃん。。。








あのぅ。。。

写真撮って、達成感な顔してますが・・・

これだけで、終わるつもりですかぁ???


sanaeちゃんは、ハンドラー並みに、

多くのショードッグを観てきました。

なのに、『こんな ル〜シ〜にしたいッ!』という

理想が、実はコレ ↓ だそうです。








ほわッとして、ふわッとした〜

・・・って、コレ、人形なんですけど?


なので、ついつい顔の毛や、耳の毛を放置。。。

これは、KOHMAも同じことなので、

耳の痛い話なんですけど。








↑ この写真で、わかるのは、眉間の毛が多い。

  耳がモコモコ。

sanaeちゃんも、KOHMAも、

一応耳の内側は、ツルツルなんですよ。(言い訳w)

基本的には、ショードッグのような美しい姿で

ほわッとさせたい所だけ ほわッと というのが

希望なんですが・・・

ペットなら、それでもいいんですよ。

でも、それって意外と難しいことなんですよ。

どうしてかと言うと、

放置すると、毛は死んで、希望しているほわッな感じが

へにょッな感じになってきたり、

くりんくりんッな感じになったりします。

健康な毛でこそ、ほわッとできるという訳です。

多すぎる毛を、ほわッと管理するのは、

ショードッグ並みのコンディションを作るよりも

難しいことだということです。


う〜ん。。。

できるのかぁ???

sanaeちゃんとKOHMAに???

むりむりッ

だって、基本も完璧にできてないのにッ









ってことで、る〜し〜に、園長先生のがん抜きが〜ッ!


と、ここで、参考写真です。 ↓

だんさんです。








園長先生いわく、

『眉間の毛をちゃんと抜けてない人が多いです。』
 







園長先生いわく、

『顎のところを、ピタピタにとれてない人が多いです。』



そして・・・

「やめて〜ッ やめて〜ッ」の叫び声の中

がん抜きされた、る〜し〜ですが・・・



どぅですか〜? ↓








お〜ッ

スッキリッ

ショードッグのようですッ








顔もとても長くなりました。

そして、

ちゃんと抜くと、乱れも少ないんですよね。








そうなのです。

わかってるのです。。。

はぁ。

どうする、モフモフのボンバー脚の毛。。。

次回をお楽しみに〜ッ





★★★ブログ ランキングに参加しておりますッ!★★★

いつも、ありがとうございますッ!



今日も、ぽちッと応援よろしくお願いしますッ
 



にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

posted by KOHMA at 11:00| Comment(10) | エアデール テリア 12