2008年11月13日

英国とシルクロードのアンティーク展

皆様こんにちは!ご無沙汰ばかりのCACAOです!



先日アールスコートマナーで開催いたしました『英国とシルクロードのアンティーク展』

にご来場下さったお客様、有難うございました。



ごくごく一部ではありますが、ご紹介させて頂きます。







日本からはるか7500kmも離れたイランで、受け継がれてきた芸術、



キリムという平織物があります







遊牧民が家族の為に、糸を手で紡ぎ、野の草木で染め、一つ一つ丹念に



織り上げたペルシャキリム・・・



部族によって織り成す柄も多様にありますが、彼女達はその緻密な色調、



パターンがすべて頭の中に入っているといいます







売買を目的とせず、家族で使う為に織り上げられたキリムは、



簡素な中に温かさを宿しています







ラクダの毛やウールで織られており、素材が持つ本来の美しさが



光と影によって色彩が変わり、空間に変化をもたらします







袋状のキリムを解いたものもあります



袋といっても用途、大きさもそれぞれで、ロバの背に掛けて両端が



袋状になるよう工夫されている物もあります



チャック等がない頃に、袋状にする知恵と機能性には脱帽・・・







いつ見ても新しい発見があり、敷物としてだけでない別の新しいモノ



を創り上げる個性があります







ペルシアと呼ばれた時代のキリム・・・如何でしたか?



最後に共催のインテリアウエスト(http://www.interior-west.co.jp/)さん



が、いつかあなたの町に伺うかもしれません[:星:]








この記事へのコメント
インテリアの雑誌でキリムを知ってからファンになりました。以前デパートの展示会で、写真の一番下のものに近い作品を購入しましたよ。<br />
家の入り口に黄色いものがあるといい。というので、黄色のキリムです。<br />
ふわふわの厚みです。<br />
我が家の犬「こたろう」が外の散歩から帰って足を拭くときに伏せをする場所になってしまった・・・。
Posted by aloha at 2008年11月16日 12:30
<br />
こんにちは^^<br />
パソコンに触わる生活が遠のいていました〜<br />
日々の雑用や孫の誕生やら〜<br />
<br />
お店ではキリム展があったんですね。見たかったぁー<br />
<br />
<br />
kohmaさんのお家が乗っている雑誌みました^^<br />
チョコ、ちょこっとブログに載せておられましたよね。<br />
<br />
<br />
kohamaさんの雰囲気からきっと素敵なお家だろうなーと思っていました。<br />
<br />
今回はお家公開で・・・<br />
<br />
やっぱり、いいわぁ〜  お家はもちろん、置いてある調度品もさすがですね。                  <br />
<br />
ライダー兄ちゃんも元気でよかった= 2号より  <br />
Posted by fen.fen at 2008年11月18日 16:55
こんにちは。<br />
<br />
キリム、いいですねぇ。<br />
こういうテイスト大好きです。<br />
<br />
ロバの背中にかけて・・なんてエピソードもそそられます。<br />
あぁ、旅に出たくなっちゃいます。<br />
<br />
最後の写真のデザイン。あの分厚いの。<br />
絵柄の配置は違いますが、いつだったか購入するかすごく悩んだくらいツボです。(結局、飾ろうと思った壁には、当時、中華ダンスが置いてあったので合わないと諦めましたが・・)<br />
また欲しくなってきちゃいましたぁ<br />
<br />
Posted by TJ at 2008年12月01日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41750613

この記事へのトラックバック