2013年09月17日

納車式???


a6.JPG


新しいおもちゃ?が届きました。

英国製 アレックス モールトンの自転車 オーダーしてからちょうど1年です!!!

写真右側が輸入元のダイナベクターの社長の富成氏です

わざわざ東京からレクチャーをかねて納車して頂きました。

左はこの後初乗りに付き合ってくれた友人のK氏です。

今回の日記はマニアックなので興味の無い方はスルーしてください。笑


a4.JPG


なぜ今自転車なのか?

去年、私はリュウマチを発症してから耐え難い痛みに悩まされ

それまでの趣味の一つだったクラシックモーターサイクルを

手放す決心をしました。昔のオートバイ仲間に声をかけていたところ

富成氏から私のエクセルシャーマンクスマンを是非譲ってほしいと

声がかかりました。

氏のオファー内容はキャッシュ+モールトンの自転車というものでした。


a11.jpg


a12.jpg

上の2枚の写真は私がクラシックレーシングにのめり込んでいたころのものです。

モーターサイクルは乗ってやらないとドンドン痛みます。

富成氏はエクセルシャーを完調にして乗りたいと言ってくれました。

ただ私に自転車が乗れるのだろうか?

主治医に相談したところ、私には適度な運動が必要だから水泳もしくは

自転車が適切であると、、、


a1.JPG



上の写真が私のモールトン、下の写真がカタログのものです。

どちらもAM-20 というモデルなんですがカタログ写真の方が

随分スポーティなのがわかると思います。私のモールトンは

還暦仕様ともいうべきイージーライドができるように富成氏が

アッセンブルしてくれたスペシャルモデルです。笑


a3.jpg


この自転車はオーダーしてから一つづつ手作りされるのでフレームが出来上がり

英国から届いたのは今年の4月でした(ここまで すでに6か月経過)

待っている時間が長いと生来の凝り性な自我が目覚め、パーツにこだわりができてしまい

集める事数か月! 富成氏にも無理をいってようやくすべてが揃ったのが

今年7月というありさまでした。


機能パーツは自転車部品の最高峰、イタリアのカンパニョーロ製

ほとんど1970年代のヴィンテージ期のものです。

a7.jpg


手や体に触れる部分は英国製にこだわりました。

a8.jpg


この角度から見るのが好きです。

昔の複葉機みたいでしょ?


a10.JPG


K氏の愛機はオールカンパニョーロで組まれたイタリアの名機チネリ

富成氏と共に私のスローペースな初サイクリングに付き合っていただきました。

これから自転車の楽しみ方をご教授お願いいたします。


a5.JPG


富成さん 本当にすばらしく楽しい自転車を組んでくださって

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします

来年の『和歌山だらだらサイクリング』楽しみにしていますよ!笑



a9.JPG


英国から届いた7台の自転車、、、どうしよう?

またぼちぼち紹介していきます。



 
★★★ブログ ランキングに参加しておりますッ!★★★


gbni_big_w.gif


いつも、ありがとうございますッ!



今日も、ぽちッと応援よろしくお願いしますッ
 



にほんブログ村 犬ブログ テリアへ




posted by KOHMA at 01:44| Comment(4) | 自転車ブログ
この記事へのコメント
自転車にオートバイにうっとりです。次回、和歌山には、自転車も積んで行きたくなりました〜
Posted by ベルパパ at 2013年09月17日 12:41
ベルパパ さんへ

ヘッチンス 積んできてください!

サイクリングしましょッ!笑
Posted by tets at 2013年09月17日 13:14
あぁ、憧れのモールトン(((o(*゚▽゚*)o)))
園長先生、乗らなくなったら言って下さいませ。
和歌山まで取りに行きまーす( ̄^ ̄)ゞ
Posted by くじくん at 2013年09月17日 16:04
くじくんへ

このモールトンはそんじょそこいらのモールトンと違ってメッチャすぺしゃるですよ!笑

それに私が乗ったものとなると更なるプレミアが、、、笑
Posted by tets at 2013年09月18日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: